‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

CIGS太陽電池のコスト

2013/09/05

gf1940281802l

現在販売されている太陽光発電システムには色々な種類があり、メーカーの違いや各機器に使用されている素材の違いなどに応じて性能は大きく変化します。例えばCIGS太陽電池という化合物系の太陽電池はシリコン系の太陽電池が大きく性能を落とすような環境でもそれほど性能を落とさずに稼働する事が出来るため、使用する環境によってはシリコン系の太陽電池よりも発電量を増やす事が出来るそうです。

このような性能の変化をもたらす素材の違いはコストの面でも大きく影響を与えるそうで、CIGS太陽電池の場合はより低いコストで導入することが出来るといわれています。

CIGS太陽電池は化合物系の太陽電池の一つなのですが、化合物系の太陽電池はシリコン系のものよりも製造コストを安く抑える事が出来るといいます。

その理由は色々ありますが、特に大きい理由が使用する素材の量の差だそうで、シリコン系のものよりも少ない素材で太陽電池を作る事が出来るため製造コストを抑えて出荷する事が出来るそうです。

CIGS太陽電池は化合物系の太陽電池の中でも使用する素材が多いタイプですがそれでも製造コストはシリコン系よりも抑えられるそうですし、最近は新しい製造法を作ったメーカーも現れ、よりコストダウンを行なう事が出来るようになってきているようです。

CIGSの変換効率

2013/09/05

 

gf1940281802l

現在販売されている太陽光発電システムには色々な種類がありますが、中でもCIGS太陽電池は環境の変化に対して非常に強い太陽電池として人気を集めており、現在も多くの方がCIGS太陽電池を用いた太陽光発電システムを導入しているといいます。

しかし環境の変化に強くても多くの発電量を確保する事が出来なければ何の意味も無いのでそれなりの変換効率を持っていて欲しいものですが現在販売されているモデルの変換効率はどの程度の数値をマークする事が出来るのでしょうか。

CIGSを初めとする化合物系の太陽電池はシリコン系と比べると変換効率はそれほど高いとはいえません。

理論値は25%ほどといわれていますが、実際に販売されている商品の変換効率はもっと低い数値になっています。

CIGS太陽電池は比較的変換効率の良いタイプなので、現在販売されているものでも13%ほどの数値をマークする事が出来るそうですが、シリコン系の太陽電池の中には20%の発電量を出す事が出来る製品もあるのでお世辞にも高い数値とはいえないかもしれません。

しかし環境によってはシリコン系よりも多くの発電量を確保する事が出来るので設置する環境を考慮した上でどの発電システムを導入するかよく考えるようにしたほうが良いでしょう。

CIGS太陽電池のデメリット

2013/09/05

gf1940281802l

太陽光発電システムといえば再生可能エネルギーを用いた発電システムの中でも特にメジャーなシステムの一つですが、一口に太陽光発電システムといっても使用されている機器には色々なタイプが存在します。

特に太陽電池は使用している素材によって得意分野や苦手分野が生まれるので設置する環境などに合わせて商品を選ぶ必要があります。

例えばCIGS太陽電池は雲や影といった太陽を遮る何かがあった時や周辺温度の上昇など太陽電池の性能が低下する要因があったときも性能低下があまり発生しないというメリットがありますが、それ以外にも色々なデメリットがあるのでその点も考慮したうえで導入するかどうか決定しましょう。

CIGS太陽電池はシリコンを使用しない化合物系の太陽電池なのですが、化合物系の太陽電池はシリコン系に比べて発電効率が悪いという大きなデメリットがあります。

CIGS太陽電池の現在の発電効率の理論値がおよそ25%といわれており、現在はこの数値を目指すべく研究が進められているのに対し、シリコン系の太陽電池が24.7%の発電効率を持つ太陽電池の開発に成功したことを考えるとシリコン系の太陽電池は化合物系の発電効率よりもはるかに高い発電効率の商品を開発するのはほぼ間違いないでしょう。

CIGS太陽電池のメリット

2013/09/05

gf1940281802l

様々な機器で構成されている太陽光発電システムの発電量などに大きく影響を与える太陽電池には様々な種類があり、使用している素材などによって総発電量や発電効率、耐久性に導入コストなど様々な個性が現れます。

例えばCIGS太陽電池というシリコンを使用しない化合物系の太陽電池はシリコンを用いた太陽電池とは全く違ったメリットを多く持っており、高い人気を集めているそうです。そんなCIGS太陽電池のメリットとは一体どんなものなのでしょうか。

CIGS太陽電池の最大のメリットは周辺環境の変化に非常に強いという点にあります。

シリコン系の太陽電池は曇り空になった時大きく性能を落としてしまうのですが、CIGS太陽電池はそうした性能低下の割合が比較的低いので曇り空でもある程度の発電量を確保する事が出来ますし、どの太陽電池も性能低下を起こしてしまう周辺の温度上昇に対しても非常に強い耐性を持っているため太陽光発電に不向きといわれている暑い地方でも高い性能を維持し続ける事が出来るでしょう。

それ以外にも太陽電池に影がかかった時も発電量を大きく下げることも無いので周辺に太陽を遮るようなものがある場所に太陽光発電システムを導入する際はシリコン系の製品よりも高い発電量をマークし続ける事が可能となるでしょう。

CIGS太陽電池の素材

2013/09/05

gf1940281802l

太陽光発電システムは再生可能エネルギーを利用した発電システムの中でも特に周辺環境に縛られること無くシステムを構築する事が出来ることから様々なバリエーションが開発されると共に多くの人がシステムを導入しています。

太陽光発電システムは様々な機器で構成されており、販売しているメーカーによっていろいろな個性が発揮されています。

例えばCIGS太陽電池も非常に特徴的な太陽電池の一つで、環境の変化に非常に強いという点が評価され、多くの人が利用しているそうですがこの太陽電池はどんな素材によって作られているのでしょうか。

CIGS太陽電池のCIGSは使用している素材の頭文字を指しており、それぞれCuの銅、Inのインシウム、Gaのガリウム、Seのセレンの頭文字をとっています。

これらの化合物で構成されているCIGS太陽電池は影や曇り空といった環境の変化に強いと共にシリコンを使用している太陽電池よりも光を吸収するための層が薄いため製造コストを抑える事が出来るなど多くの利点があり、更なる技術発展が進められればシリコン系の太陽電池に劣っているとされている発電効率も追い抜く事が出来るという話も出ていることから将来にも大きな期待が掛かっている太陽電池なのだそうです。

CIGS太陽電池を販売しているメーカー

2013/09/05

gf1940281802l

太陽光発電システムには様々な種類があり、広大な土地を用いて建設するメガソーラーから一般的な家屋の屋根などに設置する小型の太陽光発電システムなど実に様々な発電システムが販売されています。

ほとんどの人が導入するのは一般家庭向けの太陽光発電システムでしょうが、これらの製品は現在様々なメーカーが開発しており、それぞれ違った性能を持っていることからどのメーカーの製品を導入するかしっかり下調べしておかないと設置する場所によっては十分な性能を発揮する事が出来ない製品を購入してしまうこともあります。

現在発売されている太陽光発電システムの中でも高い性能を持っていると話題なっているのがCIGS太陽電池を採用している太陽光発電システムで、CIGS太陽電池は特に環境の変化に対して非常に強いことで知られています。

現在CIGS太陽電池を販売している国内メーカーにはホンダソルテックなどがありますが、今のところはソーラーフロンティアやTSMCといった海外メーカーのほうがCIGS太陽電池の開発販売に力を入れているようです。

これらのメーカー以外にもCIGS太陽電池の販売を手がけている企業はあるので、どのメーカーの製品が良いか公式サイトなどにも目を通しつつ調べてみてください。

CIGS太陽電池の性能

2013/09/05

gf1940281802l

太陽光発電システムは太陽電池やパワーコンディショナーといった複数の機器で構成されていますが、やはり太陽電池の性能は太陽光発電システムの発電量に特に大きな影響を与えます。

太陽電池は使用している素材によって性能が大きく変化することで知られており、発電効率の高さや耐久性など色々な特徴が現れるそうです。

例えばCIGS太陽電池と呼ばれる太陽電池は多く後亜洋電池にも散られているシリコンを使用せずに銅、インジウム、ガリウム、セレンを用いて作られた太陽電池なのですが、この太陽電池も他の太陽電池には無い性能を持っています。

CIGS太陽電池は周辺環境の変化に非常に強く、環境が多少変化しても性能が劣化しないという特徴を持っています。

例えば他の太陽電池だと大きく発電量が減少する曇りでも他の太陽電池よりも高い発電量を確保し続ける事が出来ますし、太陽電池の性能を下げる要因となる周辺温度の上昇にも強いので、太陽光発電には不向きと言われている暑い地域でも十分な発電量を確保する事が出来ます。

それに太陽光の変換効率も比較的高いことでも知られており、一般に普及されている商品の平均が8%から12%、最大で20%の発電効率をマークする事が出来たそうです。

CIGS太陽電池を導入するには

2013/09/05

gf1940281802l

現在再生可能エネルギーの中でも比較的容易に導入する事が出来、発電量も十分確保する事が出来るということで、太陽光発電の普及が急ピッチで進められています。

大型の発電施設の誘致が各都道府県で行われるようになったり一般家庭向けの太陽光発電システム購入の際に補助金が支給されるようになったりと様々な形で太陽光発電を取り巻く環境が変化しているそうですが、そんな太陽光発電システムには開発しているメーカーごとに様々な違いがあります。

太陽電池の種類もそういったメーカーごとの違いの一つとして知られており、CIGS太陽電池を初め様々な太陽電池を目にする事が出来ます。

太陽電池の違いはそのまま発電システムの発電量などにも大きく影響するそうですが、CIGS太陽電池を利用した発電システムを導入したい時にはどうすれば良いのでしょうか。

CIGS太陽電池など使用している太陽電池を指定して太陽光発電システムを導入したい場合はまず各メーカーがどんな太陽電池を販売しているか調べてみましょう。

CIGS太陽電池の場合はTSMCやソーラーフロンティアといったメーカーが販売しているそうなので、まずはそれらのメーカーの製品を取り扱っている店舗に足を運んでみてください。

CIGS太陽電池の特徴

2013/09/05

gf1940281802l

再生可能エネルギーを利用した発電法の中でも特に高い人気を集めていることで知られている太陽光発電は、現在様々な形で販売されています。

中でも太陽電池は太陽光発電システムを販売しているメーカーによって様々な種類の商品が開発販売されており、使用している素材一つでも発電効率などに大きなな違いが現れるといいます。

その内の一つがCIGS太陽電池と呼ばれる太陽電池で、過去に販売された太陽電池の中でも高い発電効率を持っていることから多くの人がCIGS太陽電池を選ぶようになってきているそうです。

CIGS太陽電池には他の太陽電池には無い様々な特徴があります。

例えば曇り空でも発電効率を落とさずに発電を続ける事が出来たり太陽電池の機能を著しく低下させる気温にも強く、一年中変わることの無い高い発電効率を誇る事が出来るといいます。

おまけに影などの障害物に対しても発電効率を落とさずに機能を発揮してくれるということで非常に高い評価を得ているそうです。

その他にも高い人気を得る事が出来る要素になりそうなポイントがいくつもあるので、興味がある阿多CIGSを販売している企業に詳しく話を聞いてみたり、公式サイトなどをチェックして他にはどんな魅了があるのかどうかしっかり確認しておきましょう。