CIGS太陽電池のデメリット

gf1940281802l

太陽光発電システムといえば再生可能エネルギーを用いた発電システムの中でも特にメジャーなシステムの一つですが、一口に太陽光発電システムといっても使用されている機器には色々なタイプが存在します。

特に太陽電池は使用している素材によって得意分野や苦手分野が生まれるので設置する環境などに合わせて商品を選ぶ必要があります。

例えばCIGS太陽電池は雲や影といった太陽を遮る何かがあった時や周辺温度の上昇など太陽電池の性能が低下する要因があったときも性能低下があまり発生しないというメリットがありますが、それ以外にも色々なデメリットがあるのでその点も考慮したうえで導入するかどうか決定しましょう。

CIGS太陽電池はシリコンを使用しない化合物系の太陽電池なのですが、化合物系の太陽電池はシリコン系に比べて発電効率が悪いという大きなデメリットがあります。

CIGS太陽電池の現在の発電効率の理論値がおよそ25%といわれており、現在はこの数値を目指すべく研究が進められているのに対し、シリコン系の太陽電池が24.7%の発電効率を持つ太陽電池の開発に成功したことを考えるとシリコン系の太陽電池は化合物系の発電効率よりもはるかに高い発電効率の商品を開発するのはほぼ間違いないでしょう。