CIGSの変換効率

 

gf1940281802l

現在販売されている太陽光発電システムには色々な種類がありますが、中でもCIGS太陽電池は環境の変化に対して非常に強い太陽電池として人気を集めており、現在も多くの方がCIGS太陽電池を用いた太陽光発電システムを導入しているといいます。

しかし環境の変化に強くても多くの発電量を確保する事が出来なければ何の意味も無いのでそれなりの変換効率を持っていて欲しいものですが現在販売されているモデルの変換効率はどの程度の数値をマークする事が出来るのでしょうか。

CIGSを初めとする化合物系の太陽電池はシリコン系と比べると変換効率はそれほど高いとはいえません。

理論値は25%ほどといわれていますが、実際に販売されている商品の変換効率はもっと低い数値になっています。

CIGS太陽電池は比較的変換効率の良いタイプなので、現在販売されているものでも13%ほどの数値をマークする事が出来るそうですが、シリコン系の太陽電池の中には20%の発電量を出す事が出来る製品もあるのでお世辞にも高い数値とはいえないかもしれません。

しかし環境によってはシリコン系よりも多くの発電量を確保する事が出来るので設置する環境を考慮した上でどの発電システムを導入するかよく考えるようにしたほうが良いでしょう。