CIGS太陽電池のコスト

gf1940281802l

現在販売されている太陽光発電システムには色々な種類があり、メーカーの違いや各機器に使用されている素材の違いなどに応じて性能は大きく変化します。例えばCIGS太陽電池という化合物系の太陽電池はシリコン系の太陽電池が大きく性能を落とすような環境でもそれほど性能を落とさずに稼働する事が出来るため、使用する環境によってはシリコン系の太陽電池よりも発電量を増やす事が出来るそうです。

このような性能の変化をもたらす素材の違いはコストの面でも大きく影響を与えるそうで、CIGS太陽電池の場合はより低いコストで導入することが出来るといわれています。

CIGS太陽電池は化合物系の太陽電池の一つなのですが、化合物系の太陽電池はシリコン系のものよりも製造コストを安く抑える事が出来るといいます。

その理由は色々ありますが、特に大きい理由が使用する素材の量の差だそうで、シリコン系のものよりも少ない素材で太陽電池を作る事が出来るため製造コストを抑えて出荷する事が出来るそうです。

CIGS太陽電池は化合物系の太陽電池の中でも使用する素材が多いタイプですがそれでも製造コストはシリコン系よりも抑えられるそうですし、最近は新しい製造法を作ったメーカーも現れ、よりコストダウンを行なう事が出来るようになってきているようです。