CIGS太陽電池の性能

gf1940281802l

太陽光発電システムは太陽電池やパワーコンディショナーといった複数の機器で構成されていますが、やはり太陽電池の性能は太陽光発電システムの発電量に特に大きな影響を与えます。

太陽電池は使用している素材によって性能が大きく変化することで知られており、発電効率の高さや耐久性など色々な特徴が現れるそうです。

例えばCIGS太陽電池と呼ばれる太陽電池は多く後亜洋電池にも散られているシリコンを使用せずに銅、インジウム、ガリウム、セレンを用いて作られた太陽電池なのですが、この太陽電池も他の太陽電池には無い性能を持っています。

CIGS太陽電池は周辺環境の変化に非常に強く、環境が多少変化しても性能が劣化しないという特徴を持っています。

例えば他の太陽電池だと大きく発電量が減少する曇りでも他の太陽電池よりも高い発電量を確保し続ける事が出来ますし、太陽電池の性能を下げる要因となる周辺温度の上昇にも強いので、太陽光発電には不向きと言われている暑い地域でも十分な発電量を確保する事が出来ます。

それに太陽光の変換効率も比較的高いことでも知られており、一般に普及されている商品の平均が8%から12%、最大で20%の発電効率をマークする事が出来たそうです。