CIGS太陽電池の素材

gf1940281802l

太陽光発電システムは再生可能エネルギーを利用した発電システムの中でも特に周辺環境に縛られること無くシステムを構築する事が出来ることから様々なバリエーションが開発されると共に多くの人がシステムを導入しています。

太陽光発電システムは様々な機器で構成されており、販売しているメーカーによっていろいろな個性が発揮されています。

例えばCIGS太陽電池も非常に特徴的な太陽電池の一つで、環境の変化に非常に強いという点が評価され、多くの人が利用しているそうですがこの太陽電池はどんな素材によって作られているのでしょうか。

CIGS太陽電池のCIGSは使用している素材の頭文字を指しており、それぞれCuの銅、Inのインシウム、Gaのガリウム、Seのセレンの頭文字をとっています。

これらの化合物で構成されているCIGS太陽電池は影や曇り空といった環境の変化に強いと共にシリコンを使用している太陽電池よりも光を吸収するための層が薄いため製造コストを抑える事が出来るなど多くの利点があり、更なる技術発展が進められればシリコン系の太陽電池に劣っているとされている発電効率も追い抜く事が出来るという話も出ていることから将来にも大きな期待が掛かっている太陽電池なのだそうです。